法政ポケモン大好きクラブ東小金井ブログ

こんにちは、よんなむです

8/7に行われた納会で「はねろ!コイキングダブル」というよくわからない大会が開催されたのでその結果報告です

大会の内容はちゅりたろんから送られてきたメーリスからどうぞ

~以下抜粋~
【はねろ!コイキングダブル】
リリースから2ヶ月近く経つ、ポケモン公式が送る超人気クソゲー、「はねろ!コイキング」。このゲームで発生するイベントの一つに「タッグバトル」というものがあります。これはピカチュウと散歩してるコイキングが野生のピジョンに襲われるのですが、ピカチュウが「でんきショック」でそれを追い払い、スリリングな体験をしたコイキングのCPが上昇するというものです。


そこで僕は思いました。
なんだよでんきショックってwww10万使えよwww
コイキングもはねてないで少しは貢献しろやwww


ということで最強のピカコイタッグを決める大会を開くことにしました!

~以上抜粋~

なにが「ということで」なのかよくわかりませんが決まってしまったものはしょうがない、各々が最強のピカコイを求めて環境考察を重ね、自慢のピカコイを育ててきました。
まあ最強のタケシや最強のフウランが決まっていく中で最強のピカコイタッグを決める流れは必然なのかもしれませんね(?)
(はねろコイキングとは → https://www.apppokemon.com/koiking/)

詳しいルールとしては、
ピカチュウ・コイキングのみ使用可能ダブルバトル(ノーマルルール)
道具・過去作教え技なんでもあり(GBAやVCのポケモンも当然使用可)
ハイドロポンプを覚えたコイキングなどの配信限定個体のみ使用不可
といったかんじです。

ちなみに大会前の環境考察では、やはりおおよそのピカチュウをワンパンできる「Zあなをほるピカチュウ」に対してどれだけのメタが貼れるか、そのメタに対してもどれだけのメタを用意できるか、このあたりに焦点が集まっていたようです。
というのもコイキングは
・「はねる」、「たいあたり」、「じたばた」、「とびはねる」の4つの技しか覚えず、
・種族値も20-10-55-15-20-80:200と全ポケモン最低クラスであり、
・最大火力である「Zじたばた」(威力160)でも無振りピカチュウを6割程度しか削れない
という、「いちばんよわいポケモン」の名に恥じぬ性能をしているので、
どうしても「ピカチュウでどうピカチュウを潰すか」みたいな話になってくるわけですね。
初手の動きについても、猫騙しで削る、守る、フェイントで隣のZじたばたを通す、などの択が発生しており、いかに相手の目論見をスカし自分の動きを通すかに腕が問われていたと思います


さて実際の大会の環境はというと、なんと地面Z持ちのピカチュウは存在しなかったようです。ミラーだと同速ゲーを制さなければならない地面Zピカチュウは環境考察のなかで淘汰されていったのだと思われます。
逆にほとんどのコイキングがノーマルZを所持しており、ピカチュウを温存しつつ役割の薄いコイキングで相手に予想外の負荷をかけて崩していく人が多かったようです
また耐久ガン振りのピカチュウで毒を撒きつつ願い事や眠るなどの回復技でハメる人も数人いました


優勝したのはポケひろ選手
使用構築はねむねご地球投げピカチュウとZはねるコイキングでした
地球投げという技に注目して構築を決め、GBA産のピカチュウに金冠を使用するなどこの大会に向けてのキチっぷり意識の高さも見せつけていました
詳しい構築や環境考察はブログにまとめてくれているのでよかったらぜひ↓↓
(URL: http://pkhr.hatenablog.com/entry/2017/08/10/193000)


大会やってて面白かったのが、全員違う型を使ってたことですね。これだけ環境狭いのにこれだけの多様性が生まれてくるあたりポケモンって深いゲームだなって思いました。
あ、僕がハマってるポケモンコマスターってゲームもとっても深くて多様性に富んでて面白いですよ~よかったら遊んでみてね!(^ν^)

このあとは納会らしくみんなでご飯を食べにいって、いつも通りカラオケで盛り上がりましたとさ。


この夏はこの後も3キャンパス交流会や大型カード大会、そして夏合宿など、楽しい企画が目白押しです!
積極的に参加して遊び尽くしましょう!
それではっ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hpdckoganei.blog.fc2.com/tb.php/99-6adfc6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック